ホーム > 相続問題

相続問題

相続問題

良くある相続問題のご相談

のこされた妻や子どもに、財産のことでもめてほしくない
学費の支援や結婚式の援助は、相続に反映されないのだろうか
遺言には従わないといけないのか、対抗できる仕組はないのか

人には、それぞれ積み重ねてきた歴史があり、家族のすべてが同じように暮らしてきたわけではありません。しかし、相続の場面ではそうした事情が考慮されず、相続人が対等な立場に置かれてしまいます。弁護士なら、遺言や法的制度を利用することで、個人の歴史を反映することが可能です。

弁護士へ依頼するメリット

弁護士へ依頼するメリット
  • ご依頼者の気持ちが伝わるような遺言作成のアドバイスが可能です。
  • 他の相続人に生前贈与が行われていた場合、ご依頼者の遺産分割割合を増やします。
  • 遺言に抗弁できる方法や、無効にできる要件がないかどうかを、お調べいたします。

ケース紹介

遺言書作成のケース

【ご相談内容】

次女が自分の世話を一身に行ってくれたので、その気持ちを遺産相続に反映させたい。

【当事務所からのご提案】

ご依頼内容のような「貢献の度合い」は、「寄与分」という制度で反映させることができます。ただし、単に「頑張った」というだけではなかなか評価されず、具体的な内容が問われます。今回のケースでは、普通であれば介護施設などへの入所が必要であったものの、「次女の世話によりその費用負担を免れることができた」と考えられるので、「寄与分」が成立すると思われます。

【結果】

次女への感謝の気持ちを言葉に表し、法的根拠を添えることで、ほかの相続人が納得できるような遺言を作成しました。

【ワンポイントアドバイス】

遺言は、自分でいつでも作成できますが、そのことでかえって誤解を生む可能性もあります。要件を満たさないと無効になる場合もございますので、事前に弁護士へご相談ください。また、「公正証書遺言」という書式を使えば、プロが作成し、保管を行ってもらうことも可能です。

遺産分割協議のケース

【ご相談内容】

亡父の銀行口座に残された金額が思っていた以上に少ない。身内の誰かが、引き出してしまったのではないか。

【当事務所からのご提案】

弁護士なら、金融機関に対して、照会を求めることができます。ご家族のメインバンクを調べ、同じタイミングで同程度の金額が移動しているようであれば、疑ってしかるべきでしょう。

【結果】

長女が勝手に預金を引き出していた模様。問いただしたところ、これを認めたため、適正な遺産分割プランを作成し直しました。

【ワンポイントアドバイス】

話し合いがまとまったら、その内容を「遺産分割協議書」として形に残すよう心がけましょう。凍結された口座を元に戻す手続きなどで、金融機関から提出を求められる場合があります。

遺留分減殺請求のケース

【ご相談内容】

事業主だった亡父の遺言に「跡継ぎである長男へ遺産の全てを託す」と書かれていた。どうしようもないのだろうか。

【当事務所からのご提案】

法定相続人は、最低限の遺産が受け取れる「遺留分」という権利を保有しています。遺言より効力が強いのですが、自動的には適用されず、権利者自ら申立てを行う必要があります。

【結果】

本来受け取れる遺産額の約2分の1が、長男から各法定相続人に支払われました。

【ワンポイントアドバイス】

このほかに、遺言そのものの効力を争う方法などが考えられます。また、相続人全員の合意があれば、必ずしも遺言内容に従う必要はありません。最初からあきらめず、何ができるのかを一緒に考えていきましょう。

相続問題に関する弁護士費用

経済的利益の額 着手金(税別) 報酬金(税別)
金300万円以下の場合 8%(最低10万円) 16%
金300万円を超え、
金3000万円以下の場合
5%+9万円 10%+18万円
金3000万円を超え、
金3億円以下の場合
3%+69万円 6%+138万円
金3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

相続問題や遺言作成なら桜みなと法律事務所の弁護士へご相談ください

桜みなと法律事務所では生前の相続対策をはじめ、遺言書作成のアドバイスや証人としての立ち合い、亡くなった後の相続問題解決や遺産分割協議まで幅広くご相談に乗っております。初回の相談は60分無料ですので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。
大切な家族に争いなく相続させたい、お世話になった人に遺贈したいなど生前に対策を行いたい方からのご相談も承っております。遺言書作成のアドバイスなど、専門知識のある弁護士がしっかりサポートいたします。
大切な方がお亡くなりになり、遺言の内容や遺産分割で争いが生じた場合や相続放棄や限定承認の手続き、死後認知の問題などお困りの場合や早期の解決を望まれる場合も安心の弁護士にご相談ください。

まずは相談してみませんか?まずは相談してみませんか?

まずはお気軽にお電話下さい 電話:045-334-7590

con_tel_sp.png

【24H受付中】まずはお問合せ下さい ご質問・ご予約はこちら【24H受付中】まずはお問合せ下さい ご質問・ご予約はこちら

横浜野毛法律事務所 受付時間:9:00~18:00  定休日:土日・祝(ご予約いただければ対応可能) 住所:神奈川県横浜市中区住吉町2丁目21番地1 フレックスタワー横浜関内 204号室